スイングポップの作り方を詳しく説明します

スイングポップは簡単に作ることが出来ます。ポップは手書きで作ることができますし、スイングするようにするのは、紙を切っておけばいいだけです。コツは広告の部分が頭となって首の部分を細くすることで、頭が垂れるようにすることです。いくつか作ってポップなしで作ってみて動きを調整してみるといいでしょう。首の部分細くなれば、より細かい振動で動くようになります、首を太くしていくに従って、動きが安定してくることになりますが、ある程度以上になるとほとんど動かなくなりますから、どのあたりの太さにするのかは、使用する材質で変わってくるのでいろいろと試すことが大切です。後は頭の部分に好きなPOPを書いていけばいいだけです。難しいものではないので、いろいろと試してみるといいでしょう。

スイングポップは手作りでも出来る

スイングするPOPは手作りでも作ることが出来ます。パソコンなどで型を取ってきて、印刷をして作るのもいいのですが、自分でいろいろと試してみるといいでしょう。決まった形式があるものではないので、使用する紙や場所などに合わせて自分で作ってみるのが楽しくもあります。動きを決定づける大きな要素となるのは、紙の厚さと材質です。ですから、作る紙によって動きはかなり違うものとなるということです。頻繁に動いて一生懸命さをアピールするのもいいですし、ゆっくりと動いて、のほほんとした雰囲気を作るのもいいでしょう。使うところの雰囲気などを考えて自由に作ることができるのがPOPのいいところでもあります。手書き感をアピールできるのがPOPのいいところでもありますから、そうしたところもアピールできるように工夫してみるといいでしょう。

パソコンを使用して誰でも作ることも出来る

手書き感がPOPの魅力ではありますが、手書きがあまり上手くないとか、自信がないというようなことであれば、パソコンを使用して作ることも出来ます。パソコンでは書体を自由に選択することが出来ますから、自分では書けないような綺麗な文字やデザインを作り出すことも可能です。誰でも使うとある程度以上のものにはなるのが、パソコンのいいところでもあります。最近ではスマホなどのモバイル端末でも使えるものがありますから、そうしたもので作ってみてもいいかもしれません。パソコンを使用しても手書き感をだすことも十分に出来ますし、ある程度以上のレベルにはなるので、安心して作ることが出来るのも魅力です。自分の文字は人前には出せないという人でも、パソコンを使用してなら問題ありません。