スイングポップ型広告の概要と最新情報

ポップ広告はPoint of purchase advertisingの略語であり紙を媒体とした一番単純な広告方法で商品名や価格を記載したりキャッチコピーや説明文、あるいはイラストを手書きして販売促進を目的に作成される場合が多いものです。簡単な表現方法でありながらその店舗の売り上げを左右するほどに効果や実力をもつとまで言われています。店舗でも店員の少ない場合があり、その際に疑問にも答えてくれて業務の補助を行ってくれる役割も持っています。店舗の雰囲気を伝えるもので即興的に手書きされる場合とかディスプレイを利用したり製品として作成されたものを利用する場合もあります。商品を販売するメーカー側から無償で提供されるものや陳列器材を兼ねた有償のものまであります。

POPの種類としてはどのようなものがあるのか

組み立てて立体的に使うものや出力されたものをパネルに貼り付ける大型パネル、あるいはボール紙とかパネルに貼るプライスカードや値札とか布に印刷されたものを看板替わりに設置する場合、同じく出力したものを天井から吊るすという方法もとられます。ポールに文言を印刷した布ものを取り付けるのぼりと呼ばれるものもあります。作成する際のコツとしては店舗の顔や看板でもありきれいに描く必要があります。アピールしたい内容によって、価格の割安感を伝えるには金額を大きく描き、商品の良さをアピールしたい場合はその良いところや機能を目立つように記載します。季節ごとのセールとかイベントなどはカラーを変えたりイラストを添えて目を惹くように心がけます。小型のものとしてミニのぼりとかスイングポップがありスイングポップは空調の風とか振動などによって揺らぐ性質を持ち訴求効果があるとされています。

スイングポップの概要と最新情報については

比較的に安価に生産できることで知られています。設置場所は陳列棚などで他の商品の中で目立たせたい場合に効果を持つとされています。直径は約10センチから15センチぐらいのものが多く広告部分と首の部分から出来ており、風などで揺れることで顧客の目を集中させることが出来ます。取り付け方法としては最初に粘着テープが付いていて高い接着力を持ちながらもきれいにはがずことも出来ます。あと設置場所によって吸盤式とかクリップ式、スタンド式などあってこれらを使い分けることが出来ます。業者のサイトからは市販のドローソフト形式に対応したテンプレートをダウンロードすることができ、原稿を入稿して必要な部数を指定すると見積をとることが出来ます。希望すれば無料のサンプルを送ってもらえるところもあります。