目立つスイングポップ広告は効果抜群

目立つスイングポップの広告は宣伝効果が抜群です。なんといっても注目度が高くなるのがこのポップですが、それが動くことで、人の視覚をとらえて離さないということがあるからです。どんな広告もまず見てもらうというところが最も難しいところなのですが、スイングポップは動くことでこれを簡単にクリアしているところが凄いところです。人は動くものはまず目で追いかけるという本能があります。興味のあるなしに関わらずこれは無意識でそうしてしまうわけですから、まずは動きで人の視覚をとらえて、その後はポップのぬくもり感のある独特の個性で魅了するということが出来るようになっています。独自性があって目立つだけではなく、手書き感覚があることで、好印象を与えることができていることもあるので、宣伝効果も抜群です。

人はまず動くものに注意を配るもの

人はまず動くものに注意を配るものです。これは昔から動くものの情報はとても大切なものが多かったからと考えられます。敵が近づいたりすることは、真っ先に気づく必要がありますし、獲物の動きなども注視する必要があったことも考えられます。ですから、本能の働きでスイングするような広告でも必ず見てしまいます。広告はまずは見てもらうということが一番の目的ですから、これを本能の働きで達成しているところが、この広告方法のするどいところです。そして、ポープという人の興味を引きやすい、親しみやすいものが使われていることで、広告の中身を見てみようという気にさせてしまうところがあります。人目を引いておいて、中身に興味を持たせるという点でも、高い意義がと考えてもいいでしょう。

細かい情報は別のPOPで説明する

スイングPOPはまずは人目を引くものに使って、細かい説明などの情報は近くの別のPOPを用意するというのも効果的な方法です。動く広告は確かに人目を引きやすいのですが、動いていますから、細かい説明などの文章を記載するには不向きです。動いているものを読むなどということをする人はまずいませんから、動きがあるものは人目を引く為に使って、詳細な説明は別のものを用意するのがいいでしょう。その時もこの詳細説明は親しみのある手書き感覚が味わえるPOPが使えます。こちらは読んでもらうことを主体としますから、親しみのある字体を使って説明するなどのことを考えるといいでしょう。動きのある広告と動きのない広告は用途によって使い分けることで効果をより発揮するものとなるといえます。